FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカンスナイパー

2/28 土曜日
友人が映画無料券をくれたので南イオンの映画館でアメリカンスナイパーを観てきた


伝説の称号を持つ天才スナイパーが活躍する映画かと思ったら
そういうわけではなくて
米兵のPTSD(精神障害?)や
正義という名目で敵地の子供を殺すか殺さないかや
オレはなぜ戦争に参戦しているんだ?みたいな葛藤に悩まされ
いろいろ考えさせられました。


ネタバレありです



去年見たローンサバイバーとは違って勧善懲悪やアメリカ万歳的な内容ではなかった
アメリカの戦争映画ってだいたい勧善懲悪ものが多くて萎えるんだけど
今回見たアメリカンスナイパーはちょっと違った

おっかない父親に弱いものを救う"番犬"になれと厳しく育てられた主人公クリス
911テロを見て祖国と人々を救うために兵士(シールズ)になることを志願した
また、弟も兄を追うかのように一緒に兵士に志願する
兄クリスは幼いころから父と狩猟をしており、その経験と天性のセンスで
部隊を援護する狙撃手になる
初めての派遣でクリスは部隊を危険にさらす敵地の子供を射殺する
苦悩や葛藤にかられるも、「俺は仲間を救った」と自分を納得させる
さらに幾多も仲間を救い、敵を殺し、仲間たちからは"伝説"と呼ばれるようになる

数回目の派遣で敵地の民間人、子供が米兵に情報を売ったことにより
敵の手によって惨殺される
その近くで死傷した仲間を介抱するクリスは、仲間が撃たれた悔しさと
現地の民間人、それも子供が殺されているという状況を目の当たりにして
さらに葛藤することに

一時帰国をし、家族とともに過ごすも心はどこか遠くへ行ってしまったと妻に諭され
ドリルの音を聞いただけで戦場での惨劇がフラッシュバックしたり
犬とじゃれついている子供をみて襲われていると勘違いをし犬を殴りつけようとしたり
200人以上も殺し、幾度となく戦場へ赴くにつれ彼の精神は病んでいたのだ

病んでしまったのは彼だけではなくクリスの弟も歩兵として戦場へ派遣されPTSDになる

最後の派遣でクリスは仲間の復習を果たし任務を終え帰還するも
自宅ではぼーっとし、銃撃音や爆撃音などの幻聴が聞こえてきたり
兵士になる前のクリスとは別人になってしまう
それを見かねた妻がリハビリをすすめ病院へ

「俺は仲間を救いたかった。もっと救いたかった。」と言うクリスに対し医師は
「ここにも傷を負った仲間がたくさんいるぞ。彼らも救え。」と返す
爆撃で腕を失った兵士や車椅子生活を余儀なくされた兵士などをみてクリスは
戦場で傷ついた兵士たちと一緒に過ごすことで彼らの傷が癒せる
俺の役目はこれしかない

傷ついた兵士たちと共に過ごしていくうちにクリスも昔の心を取り戻し
家族との仲も戦場へ行っていたころよろも良くなり
平穏が訪れたかと思いきや
精神病を患った元兵士にガンレンジで射殺されてしまう


ざっとこんな感じだったかな~
アメリカ万歳感はあまり感じられなかったけど
米兵もPTSDで傷ついているんだよって感じがして
やっぱりアメリカ映画なんだな~って
上記のストーリーを書いているうちに考えが変わってしまった
米兵や主人公に殺された敵の扱いがあっけないというか
もっと彼らにも焦点を当て、中立的な立場の内容なら満点だった
戦闘神は断片的はあったけどとても迫力があり、
また戦争の残酷さを伝わりとても良かった

だけど走ってるターゲットに対して狙撃するさいは
照準をターゲットが移動する少し先にズラして狙撃するもんじゃないのか?
そこまで距離が離れてないなら納得できるけど
ってそもそも狙撃銃なんてゲームでしか使ったとこないから
こんなこと、指摘できるあれじゃないけどさ

それと2km先の狙撃はいくら伝説でもありえんだろ
狙撃銃の適した距離は100-600m
1km超えただけでも風や重力なんかが絡んできて狙撃するなんて困難だろ
でもギネスだと2.5kmで成功しているらしい

評価はローンサバイバーよりかは面白かった



映画とみたあと、久しぶりにパチンコ屋へ
20スロのハナハナを売って1000円飲み込まれて
友人に誘われ0.5パチの麻雀物語を打ったら800円返ってきた
次やるとしたらまた0.5でいいかな~って感じ

そのあと笹口の雀荘へ
一局だけやって23000点終了2位で400円負け
めっちゃ緊張した


いい休日だった


スポンサーサイト

映画シュタゲをみたり

5/15 水曜日

朝、起きずに10時くらいまで寝てる
1限をサボり2限から出席
今日は水曜日なので午後は授業なし

さて、自由な時間が出来た今日はバイトは休みだ
シュタゲの映画でも見に行くかってことで上映時間を確認したら
13時と17時に上映
13時は間に合わないから17時のやつで見よう
それまで暇だな

万代のTジョイ、新潟方面へ向かいつつどこか行こうかな

愛車のDRZちゃんで国道460をぶっぱなして三条小須戸線の土手の道を走ったり
住宅街を走ったり、いろいろ走って弥彦へ
バイパスを使えばすぐ着くのにあえて下道で時間をかけて移動

初の弥彦スカ○ライン
攻めるとかよく分からんから、とりあえず普通に走ってみる
何度か往復
リーンアウト?足をつきだしたりしたり
慣れてくる
調子に乗って限界までバンクしたらリアが滑って冷や汗が出た

昼過ぎから天気が悪くなるという予想は的中してしまい
山頂からの景色は雲のせいで何も見られなかった
下山

いい時間なので、ぼちぼちTジョイへ
海沿いを走ろう
バイクでシーサイドは恐らく初めて
今にも雨が振りそうな曇った天気のなか、ちょっと混んでるシーサイドを走る
こういう天気に走るバイクも嫌いじゃない

後ろからR1は俺や車をすり抜けてゆく
平日の昼間なのに割りと混んでいるから先頭が見えない
俺もすり抜けて、追い越してR1を追いかける
一直線の海が見える地帯に出たら車がすいてきてR1は急加速
置いていかれた

なんやかんやしてるうちにTジョイへ
バイクで万代口近辺に来るのも初めてだからどこに駐車していいのか分からず彷徨う
結局Tジョイの駐輪場に停めた、他に数台バイクが泊まっていたので恐らく駐車OKなのだろう

fukadeja01.jpg

微妙だった



書いた日2015/10/04
二年半近く経つからどんな内容だったか忘れちまった

映画『ボーン・レガシー』

10月13日土曜日


今日は親の車を借りてドライブしてきました。
国道460永遠に突っ切って角田浜へ行きました。
シーサイドラインを通って新潟大学の前を通ってバイパスで帰りました。

夜は映画を見てきました。
ボーンシリーズの最新作、ボーンレガシーを見てきました。

download_thums.png


映画館へ来るのはかれこれ一年以上振りでした。


ボーンレガシーの主人公とヒロインがタンデムで
敵から逃げるバイクチェイスが最高でした。

2012100223160850as.jpg


このシーンを見て
スーフォアから再びモタードバイクに再加熱しました。
DR-Z400SM買うぜ。

ちなみに主人公が乗ってるバイクがHONDAのXR250らすい。

XR250.jpg


250モタードもなかなか格好良いですね。
ちなみに主人公のジェレミー・レナーさんはバイクが大好きなんだそうです。
いつか一緒にツーリングしてみたいです。


それと、ハートロッカーの主人公ですね。見てて「あっ!」ってなりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。